一旦屋内プールの心地良さを感じてしまうと中々ロードワークに戻れず

寒い時期、特に肌を刺す寒風が吹き付け雪さえちらつく様な天気の中、どんなに頑張ってジョギングをこなしても中々良いペースで汗が掛けず、基礎代謝も緩みがち。それでいて冬の食べ物が最も美味しく感じられるシーズンですから、気を付けないとすぐに体重が増えてしまいます。
私も冬までには順調に体重も減り最大で8キロ近い減量に成功していたものの、寒くなると停滞気味になるという傾向が続いていました。リバウンドしようとする体重を無理矢理のロードワークで踏み留まらせた、という感じだったのです。
寒い中でのロードワークで辛いのはその成果が中々出無い事に加え、私自身の肌の弱さにもあります。乾燥肌ですぐに垢切れてしまい、手足の冷え性も重なって大変辛いのです。一時期外に出るのも嫌という状況になってしまったのですが、さすがに現在は陽の光も少しづつ勢いを増すと共に陽の射す時間帯も長くなり、気分的には滅入らずに取り組める様にはなりました。
いずれにせよ寒い間は守りのシーズン、あまり大きなダイエットの成果は期待しない様にしていたのですが、最近では意識してウェアを厚着に変えてより汗をかける様努める一方、インドアでの運動をより重視する様になり、少々傾向が変わってきたのを感じます。
自宅で居る時はなるべくリラックスして過ごしたい、という気持ちが気の緩みやリバウンドにも繋がっていたと反省し、今シーズンからは室内でもしっかりエクササイズや筋トレを行う様になりました。何より効果的と感じているのは週2回のペースで通っているプール。派手に泳ぐ事は滅多に無いものの、制限時間2時間の枠をギリギリまで使ってじっくりと歩行運動に取り組み、気持ち良い汗をたくさんかける様になったのです。
以前プールに通っていた頃は下手なりに何とか泳いでいたものでしたが、一般のレーンで泳いでいるとどうしても後続の人が気になってしまい自分のペースを守れず、嫌になって止めていたのです。ですがとある情報サイトでむしろ歩行運動の方がダイエットに効果的である事を知り、泳ぎは一切捨てて歩行運動だけに集中したところ、これが結構良い感じ。外が寒くとも暖房完備な屋内温水プールなら幾らでも汗がかけるのが有難いのです。
これから少しづつ暖かくなるとようやくロードワークも気持ち良さが感じられる様になります。ですがこれだけプールの運動が心地良いと、再び外に出てゆく覚悟が中々持てなくなるといのも、皮肉なものです。それ以上に暑くなれば夏バテの心配もありますし、それはそれで屋内プールの強味が活きてくる事になるでしょうから…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です