岩手県九戸村の「あま茶」で、日々のカロリーゼロの甘い飲み物でダイエットが可能になりました!

私はいまは、自宅でのワープロ作業の仕事や、家事が多く、とにかく自宅が基本の毎日です。
自宅は楽でよいのですが、最近、やはり太り始めてきました。
自宅では自分好きなように何でもできるので、お菓子をちょこちょこつまんだり、食事の時間も内容も好きなようにできるのです。
これでは太ります。。。
お茶とおやつの時間ももちろん決めていなくて、簡単なインスタントコーヒーにたっぷりの砂糖とミルクを入れて、美味しいので何杯も何杯も連続で飲んでしまっていました。
これでは、カロリーがどんどんかさみますよね。

そこで、すごい物を見つけたのです。
岩手県九戸村の「あま茶」です。

百貨店で試飲販売をしていて、始めてしったのですが、ものすごく甘い!
なのに、カロリーがゼロの甘いお茶なのです。

「あま茶」というのは、植物名で、カロリーもカフェインもゼロなのに、砂糖の200倍も甘いのだそうです。

これをさっそく購入して、自宅で急須に作って、これを砂糖とミルク入りコーヒーに替えて飲むようにしました。
すると、とっても甘くて美味しいので、砂糖入りの飲み物は必要なくなるのです。

私は工夫して、「あま茶」にショウガを入れたり、紅茶と割ったり、たまに豆乳を入れたりして、カロリ-ゼロの美味しい甘いいろいろな飲み物を作って飲んでいます。

こうして「あま茶」で甘さを感じていると、満足感があるので、お菓子を食べなくても、もってしまいます。
ダイエットしたい人にとっては、これはすごい効果ですよね。

特に私のように、ずっと家にいたりすると、棚を開ければスナック菓子やチョコレート、インスタントラーメンや冷凍食品…というように、いくらでも美味しいものに手が出せてしまうのです。
そこまで食べようとしなくても、ワープロ作業しながら、ついつい甘いカフェオレをおかわりし、途中でチョコレート菓子をつまんで…をエンドレスに繰り返してしまう…。
これでは、コーヒーのカフェインが胃にも悪いでしょうし、砂糖の量もどんどん増えます。
要するに、無意識のうちに常習性のある飲み物やおやつにはまってしまうのです。

「あま茶」のように天然のものであったら、飲み過ぎて悪いことはないですね。
それだけでなく「あま茶」は漢方薬でもあるそうなので、身体によい効果ばかりだそうです。
それに加えて、天然の甘さがあるというすごい特徴があるわけです。
面白いですよね。

岩手県の九戸村(くのへむら)の「あま茶」は他の産地のものよりも、すっきりした甘さで段違いに美味しいらしいです。
そういえば、お寺で4月にやっている花まつりで、お釈迦様にあま茶をかける行事がありますね。
ああ、この「あま茶」だったのか!と最初は懐かしさを覚えたのですが、飲んでみて本当にびっくりです。
昔はお砂糖が少し入っているのかな、と思っていましたし、こんなに美味しくはなかったかも…。
この行事で私はあま茶を飲んだことはあったのですが、九戸村のあま茶とは美味しさがまったく違うので、最初は気づかないくらいでした。

日本での歴史の長い「あま茶」が、現代のダイエット向け救世主になっているなんて、ほんとすごい!と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です