月別アーカイブ: 2017年1月

一旦屋内プールの心地良さを感じてしまうと中々ロードワークに戻れず

Published / by esr9ynyy / Leave a Comment

寒い時期、特に肌を刺す寒風が吹き付け雪さえちらつく様な天気の中、どんなに頑張ってジョギングをこなしても中々良いペースで汗が掛けず、基礎代謝も緩みがち。それでいて冬の食べ物が最も美味しく感じられるシーズンですから、気を付けないとすぐに体重が増えてしまいます。
私も冬までには順調に体重も減り最大で8キロ近い減量に成功していたものの、寒くなると停滞気味になるという傾向が続いていました。リバウンドしようとする体重を無理矢理のロードワークで踏み留まらせた、という感じだったのです。
寒い中でのロードワークで辛いのはその成果が中々出無い事に加え、私自身の肌の弱さにもあります。乾燥肌ですぐに垢切れてしまい、手足の冷え性も重なって大変辛いのです。一時期外に出るのも嫌という状況になってしまったのですが、さすがに現在は陽の光も少しづつ勢いを増すと共に陽の射す時間帯も長くなり、気分的には滅入らずに取り組める様にはなりました。
いずれにせよ寒い間は守りのシーズン、あまり大きなダイエットの成果は期待しない様にしていたのですが、最近では意識してウェアを厚着に変えてより汗をかける様努める一方、インドアでの運動をより重視する様になり、少々傾向が変わってきたのを感じます。
自宅で居る時はなるべくリラックスして過ごしたい、という気持ちが気の緩みやリバウンドにも繋がっていたと反省し、今シーズンからは室内でもしっかりエクササイズや筋トレを行う様になりました。何より効果的と感じているのは週2回のペースで通っているプール。派手に泳ぐ事は滅多に無いものの、制限時間2時間の枠をギリギリまで使ってじっくりと歩行運動に取り組み、気持ち良い汗をたくさんかける様になったのです。
以前プールに通っていた頃は下手なりに何とか泳いでいたものでしたが、一般のレーンで泳いでいるとどうしても後続の人が気になってしまい自分のペースを守れず、嫌になって止めていたのです。ですがとある情報サイトでむしろ歩行運動の方がダイエットに効果的である事を知り、泳ぎは一切捨てて歩行運動だけに集中したところ、これが結構良い感じ。外が寒くとも暖房完備な屋内温水プールなら幾らでも汗がかけるのが有難いのです。
これから少しづつ暖かくなるとようやくロードワークも気持ち良さが感じられる様になります。ですがこれだけプールの運動が心地良いと、再び外に出てゆく覚悟が中々持てなくなるといのも、皮肉なものです。それ以上に暑くなれば夏バテの心配もありますし、それはそれで屋内プールの強味が活きてくる事になるでしょうから…。

身体をゆるめて、動ける体で痩せ体質をゲット

Published / by esr9ynyy / Leave a Comment

 ダイエットって、結局どれだけ体をこまめに動かしているか、だと思うようになりました。だって、体を動かさないで体が、凝り固まると、代謝が悪くなり、冷えるし、それが脂肪をため込む原因になってします。そう、動くことがまず一番大切なのです。スポーツクラブへ入会して体を動かすのもありですが、もっと日常的に動ける体を作っておくことが大切だと思います。そこで私が着目したのは、「ゆる体操」です。体をさすって、ゆすります。そうすることで体のコリがとれ、血の巡りも良くなります。ゆる体操を毎日5分くらいから、簡単にできるものから取り組むことで、徐々に動きたくなる体ができるからです。ゆる体操は、いたって簡単。寝てできるものからあります。誰にでも簡単に取り組むことができて、効果も抜群です。ゆる体操をやった後は、なぜか体が軽くなり、動きやすくなるので、掃除にしてもちょっとした体を動かすことにしても、どんどんやりたくなります。私は、そうやって、一日の活動量を無意識に増やしていきました。通勤時、これまでは階段よりエスカレーターを使ってましたが、体がゆるむと動きたくなるので、階段が苦ではありません。毎日、階段を利用するとかなりヒップアップに効果的でした。そして、体が楽だからどんどん歩きたくなり、通勤は一駅手前で降りて、歩く習慣が持てるようになりました。ダイエットの為に歩いているというよりも、気持ちいいから歩いているという感覚にどんどん変化していきました。一駅くらいなので、距離としては大したことはないのですが、ゆる体操で体がゆるむと代謝も良くなるので、ただ、ちょっと歩くだけよりも、さらに体が燃焼するようになった気がします。どんどん動けるので、どんどん体もゆるみ、なおかつ、掃除などもはかどるようになって、自動的に動ける体こそ、ダイエットに一番効果的だなと分かりました。こまめに動くって、結構、体が柔軟じゃないとできないし、たくさん一週間に一回やるよりも、毎日の運動量を増やす方が、心理的な負担もないし、本当におすすめの方法です。それにお金もかかりません。そこが一番のポイントかもしれません。ゆる体操は、コリをほぐすことで姿勢も良くなるし、どんどん立ち姿や動きも滑らかになるから、ダイエットの真の目的である、「スタイルよく見える」に大貢献。ゆる体操はダイエットに即効性はないけれど、痩せやすい体質作りになるし、また、運動量が増えてきて体重が減ってきたら、太りにくい体質を維持してくれるのです。それに、意外にドカ食いなんかも、ゆる体操はセーブしてくれます。ストレスで人は食べたくなるし、そのストレスは体がゆるんで気持ちよくなると、変な食欲も押させられるようになります。健康的な痩せ大切が出来上がります。

岩手県九戸村の「あま茶」で、日々のカロリーゼロの甘い飲み物でダイエットが可能になりました!

Published / by esr9ynyy / Leave a Comment

私はいまは、自宅でのワープロ作業の仕事や、家事が多く、とにかく自宅が基本の毎日です。
自宅は楽でよいのですが、最近、やはり太り始めてきました。
自宅では自分好きなように何でもできるので、お菓子をちょこちょこつまんだり、食事の時間も内容も好きなようにできるのです。
これでは太ります。。。
お茶とおやつの時間ももちろん決めていなくて、簡単なインスタントコーヒーにたっぷりの砂糖とミルクを入れて、美味しいので何杯も何杯も連続で飲んでしまっていました。
これでは、カロリーがどんどんかさみますよね。

そこで、すごい物を見つけたのです。
岩手県九戸村の「あま茶」です。

百貨店で試飲販売をしていて、始めてしったのですが、ものすごく甘い!
なのに、カロリーがゼロの甘いお茶なのです。

「あま茶」というのは、植物名で、カロリーもカフェインもゼロなのに、砂糖の200倍も甘いのだそうです。

これをさっそく購入して、自宅で急須に作って、これを砂糖とミルク入りコーヒーに替えて飲むようにしました。
すると、とっても甘くて美味しいので、砂糖入りの飲み物は必要なくなるのです。

私は工夫して、「あま茶」にショウガを入れたり、紅茶と割ったり、たまに豆乳を入れたりして、カロリ-ゼロの美味しい甘いいろいろな飲み物を作って飲んでいます。

こうして「あま茶」で甘さを感じていると、満足感があるので、お菓子を食べなくても、もってしまいます。
ダイエットしたい人にとっては、これはすごい効果ですよね。

特に私のように、ずっと家にいたりすると、棚を開ければスナック菓子やチョコレート、インスタントラーメンや冷凍食品…というように、いくらでも美味しいものに手が出せてしまうのです。
そこまで食べようとしなくても、ワープロ作業しながら、ついつい甘いカフェオレをおかわりし、途中でチョコレート菓子をつまんで…をエンドレスに繰り返してしまう…。
これでは、コーヒーのカフェインが胃にも悪いでしょうし、砂糖の量もどんどん増えます。
要するに、無意識のうちに常習性のある飲み物やおやつにはまってしまうのです。

「あま茶」のように天然のものであったら、飲み過ぎて悪いことはないですね。
それだけでなく「あま茶」は漢方薬でもあるそうなので、身体によい効果ばかりだそうです。
それに加えて、天然の甘さがあるというすごい特徴があるわけです。
面白いですよね。

岩手県の九戸村(くのへむら)の「あま茶」は他の産地のものよりも、すっきりした甘さで段違いに美味しいらしいです。
そういえば、お寺で4月にやっている花まつりで、お釈迦様にあま茶をかける行事がありますね。
ああ、この「あま茶」だったのか!と最初は懐かしさを覚えたのですが、飲んでみて本当にびっくりです。
昔はお砂糖が少し入っているのかな、と思っていましたし、こんなに美味しくはなかったかも…。
この行事で私はあま茶を飲んだことはあったのですが、九戸村のあま茶とは美味しさがまったく違うので、最初は気づかないくらいでした。

日本での歴史の長い「あま茶」が、現代のダイエット向け救世主になっているなんて、ほんとすごい!と思いました。